mayu’s diary

感じたままを、ありのままに、正直に。

思い出したこと。

ただの、「いち人間」であることを。

 

 

 

 

 

ただの、「他人」であることを。

 

 

 

 

 

「彼と」幸せになるのではないことを。

 

 

 

 

「わたしと」幸せになるのではないことを。

 

 

 

 

彼は、彼で、幸せに生きる。

 

 

 

わたしは、わたしで、幸せに生きる。

 

 

 

 

 

当てはまる関係性がなく、

 

 

いち人間として、対面したとき、

 

 

交わせる気持ちが、触れれる温度が、

 

 

どれだけくすぐったいものかを。

 

 

 

 

わたしは見失っていた。

 

 

わたしは忘れかけていた。

 

 

 

 

どこまでも不器用だ。

どこまでも極端だ。

 

 

 

 

 

たくさん出てくる、「反応した」思考、考え、言葉。

 

 

 

それを口にした直後に、俯瞰して

 

わざわざ演じてる自分に気付くわたし。

 

 

 

演じきって、飲み込まれてる自分から

 

 

一歩引いて、なりきりを辞める自分へ。

 

 

 

まだまだ、そのままいっちゃうときもあるけど、

 

 

前に進めてんじゃん?

 

 

 

 

 

OK、OK。

 

 

 

 

他人には「敬意」をね。

 

 

 

f:id:mayu76:20180617005358j:image