mayu’s diary

感じたままを、ありのままに、正直に。

2018.9.30

感覚的にわかった、今朝の瞑想。

 

 

 

 

まだ、この怖さを味わいたいんだね。

 

 

でももう充分じゃないかなあ?

 

 

 

 

そしてこの怖さを握りしめてる限りは、苦しいよ。

 

 

 

 

 

この怖さを超えて、飛び立とう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは、自分の愛する人、大切な人と、

一緒にいれる時間が何より大事だと思ってきた。

というか、その時間を1番大事にしたかったんだよね。

 

 

 

 

 

得たくて得たくて、

得れてこなかった安心が、そこにはあると、信じていたから。

 

 

 

 

 

 

でも違った。

 

 

 

 

 

 

安心できる場所のようで、

 

そこは、1番怯えた檻の中のよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の中にたくさんの矛盾を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

愛している。

なのに、嫌だ、きらい、憎い。

 

 

 

そばにいたい。

なのに、もういいよ、行けばいいじゃん、もう見放すんでしょ?わたしなんてどうでもいいんでしょ?

 

 

 

大事にしたい。

なのに、言葉で行動で、傷つける。

 

 

 

 

 

 

 

これのどこが自由?

これのどこに未来がある?

 

 

 

 

 

 

 

 

愛する人と一緒にいる時間よりも

 

 

 

 

 

自分が自分らしく在れる時間の方が大切だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日で人生終わるとしたら、何をする?

 

 

 

 

その問いにいつもわたしは、

大事な人、愛してる人と一緒に時間を過ごす、

 

と答えていた。

 

 

それも、それで、たいせつなんだ。

 

 

 

 

でもそれよりも、

 

 

 

人生最後の瞬間に、

 

 

 

 

自分が、自分らしく、生ききれた

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

そう思える最期にしたい。

 

 

 

 

 

 

 

直がいった。

 

 

 

 

自分を捻じ曲げなきゃ

いけない関係は本物じゃない。

 

 

わたしのままのわたしでいて、

壊れるものはなくていい。

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとだね。

 

 

 

 

 

 

傷になってたけど、

 

 

わたしがわたしで

傷にしてたけど

 

 

 

 

わたしもそうだったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。