mayu’s diary

感じたままを、ありのままに、正直に。

群馬での今、ヴィパッサナー。

その人によって傷つけられてるようで、

 

 

 

その言葉によって傷つけられてるようで、

 

 

 

その人によって責められているようで、

 

 

 

 

その言葉によって、責められているようで、

 

 

 

 

 

真実は、

 

 

 

そのどれも当てはまらない。

 

 

 

 

 

 

すべては自分の中に、種がある。

 

 

その人が、その言葉が、その状況が、

 

心の傷になる種が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人は、何ができるか。

この人は、何を持っているか。

 

 

そんなものばかりで、人の価値や評価を。

 

 

 

その〔目〕は、自分にも向く。

 

 

 

何ができるか[doing]

何を持っているか[having]

 

そこと、自分の価値、評価をつなげる。

 

 

そうなると、

 

何かができなきゃ、ダメなんだ。

何かができなきゃ、ここにいられないんだ。

何かができなきゃ、価値がないんだ。

 

 

 

何かを持ってなきゃ、ダメなんだ。

何かを持ってなきゃ、ここにいられないんだ。

何かを持ってなきゃ、価値がないんだ。

 

 

 

何ができなくても、

何を持ってなくても、

 

ただ、存在しているという、生きているという【being】に、自信がなくなる。不安になる。

 

 

 

 

 

学校の通知表とか、面接とか、就活とか、そもそも自分の価値や評価が、外側に判断されやすいこの世の中では、陥りやすいものだけど。

 

 

 

 

 

わたしは、いちばん近い人との関わりで、これが顕著に、大きな反応として出る。

 

 

 

いろんな材料をつかって。

 

 

 

 

もうなんでもいいんだよね。

 

ささいな言葉とか。

 

 

 

 

 

どうしてそんなにも

 

【敵ばかりだ。責められている。そのままではダメなんだ。何かより誰かより劣っている自分は価値がないんだ】

 

 

 

っていう《色眼鏡》を通して、目の前の現実を見るのかなって。

 

 

 

 

そうやって自分で自分を傷つけて、

 

その悲しみや、苦しみ、胸の痛みを、

 

 

直に投げつける。攻撃として。

 

 

 

 

 

 

直はわたしを責めたいわけじゃないのに、

責めてなんかいないのに、

 

なぜかわたしによって責められ、傷つく。

(とんでもない、とばっちりだよね。笑    本当にかわいそう。胸が痛い。ごめんなさいっていつも思ってる)

 

 

 

 

わたしが、現実を、あるがままに、観れていないから。

 

 

 

 

 

 

そんな色眼鏡を外した、

 

ありのままの、

 

そのままの、

 

 

あるがままの、

 

 

現実を、

 

観れる、

 

 

【明晰さ】を。

 

 

 

 

 

『ヴィパッサナーによって、育める』

 

 

ということを、わたしは知っている。

 

 

確信している。

 

 

 

 

 

いつものように、なにかの言葉で、反応する。

 

 

嫌な感情が生まれる。

自分の中が、心地悪くなる。

 

 

 

そこで、すぐ自分の《体に生まれている感覚》と自分の《呼吸》に、意識を集中させる。

 

 

 

すると、あんなに、ぶわあああって盛り上がってた怒りの感情が、すーっと引いている。

 

 

その事実に、表情、発言、思考などの、側の自分を合わせるのが難しいほどに。

 

 

 

 

一瞬の、大波のように。

 

一瞬の、暴風のように。

 

一瞬の、にわか雨のように。

 

 

 

それは、過ぎ去っていく。

 

 

 

 

 

その【移り変わり】を、しっかりと、感じる。理解する。認識する。

 

 

 

 

【移り変わり】=アニッチャ。(パーリ語

ものごとは、すべて無常。

すべて移り変わっている。

生まれるものは、必ず滅びる。

この世のすべては、生成と消滅の連続を繰り返している、現象に過ぎない。

 

 

 

 

ヴィパッサナーは、ほんとうに『生きる技』

 

 

 

 

いま、この群馬で、ささいなものを使って、反応を起こして、過去のサンカーラー総ざらいに引き出して、大嵐&大掃除してる最中だ。

 

 

 

 

 

 

苦しすぎるけれど、

(や、ほんとは、真実は、そんな苦しくないんだとおもう。お花畑でボクシング。)

 

それは通って然るべき道。

 

 

 

 

大嵐で、大掃除してるんだって、

 

俯瞰してみれるときは、

 

 

おもしろい

 

 

って思える。これがやりたいことだなって。

 

 

 

 

 

 

久しぶりのブログだな。

 

 

ほんとはセンターを出てすぐに、ヴィパッサナーのこと、わたしが感じた恩恵のこと、たくさんアウトプットしたかったけど、

 

 

わたしの内側も、どんどん移り変わってて、過去に感じたこと、書こうと思っても、今は書けなくて。

 

 

とにかく

 

【理にかなっている】

 

ということだけ、今書いておこう。

 

 

 

 

体の感覚が、自分の潜在意識と繋がってる。

 

体の感覚を見ることが、潜在意識にアプローチすることになる。

 

 

人がどんなに

 

『ありのままの自分を愛そう』

『すべてを受け入れよう』

『相手を許そう、自分を許そう』

 

 

って言ったところで、それは思考や、感情の、顕在意識でのあれこれ。それは100%のうち、たったの2%

 

氷山の一角。

 

 

 

 

だから、そのときは、そうに思えて

今度からはこうしよう、ああしよう

 

と思ったって、

 

人の心の習慣、癖は変わらない。

 

 

 

同じことを何度も、何度も、繰り返す。

 

 

 

 

 

その心の習慣、癖は、潜在意識【無意識】によるものだから。

 

 

 

 

わたしがそうだった。

 

 

過去のブログに散々、

 

すべてを受け入れることだ

自分を許すことだ

どんな自分も愛することだ

 

 

たくさん書いてきた。

何度もそう思ってきた。

 

 

 

 

でも、ただ【思うだけ】、【頭の中で決意するだけ】では、何も変わらなかった。

 

 

同じことを繰り返してた。

 

 

 

 

でもいまは、確実に違う歩みをしている。

 

 

 

 

体の感覚は、常に心と接触している。

 

感情や、思考とが生まれるときは必ず、

体にも感覚が生まれている。

 

コインの裏表のようなもの。

 

 

 

人が、感情を観察することは難しい。

 

 

怒っている時に、怒りの感情を観察しようとしても、むくむくと怒りが膨れ上がっていくだけ。

 

 

その人が、自分を不快にさせたのは、たったの一度なのに、自分の頭の中では何度も何度も、同じ言葉や同じ状況が、リフレインする。

 

 

過去の、

あのとき〜だった

このとき〜だった

 

っていうのも、どんどん芋づる方式に出てくる。

 

 

 

 

でも

 

 

体の感覚に気付くことなら、

呼吸に気付くことなら、できる。

 

 

そこに意識を向け続けていると、

怒りの感情は、静まっていく。

 

 

何度も何度も、これでもかってくらいに、しつこく、しつこく、生まれては消え、生まれては消え、を繰り返す。

 

 

 

 

そのことにただ、気付いている。

 

 

 

自分の体の枠組みを使って、

 

宇宙の真理である

移り変わり・無常【アニッチャ】を

理解していく。

 

 

 

わたしはこれを、

すごくおもしろいなって思う。

 

 

 

 

最後にセンター滞在中のインスタ投稿をのっけて終わろう。

 

f:id:mayu76:20180824090702j:image
f:id:mayu76:20180824090706j:image

動きも、予定も、人生の流れも、予測不能なわたしたちですが、とっても、すてきな人に囲まれ、すてきなところで、一瞬一瞬を噛みしめながら、いま、生きてます。目の前の奇跡に目を開きながら。

.

この、豊かな自然の中で、自分の体の枠組みで自然の摂理、真理を理解しながら、自分の中の苦しみと向き合い、心の濁り、縛り目をヴィパッサナー瞑想によって浄化する。その都度たくさんの気付きがある。自分の中の渇望、嫌悪、無知、執着。そしてアナスタシア曰く人間でもっとも重要な、意識の明晰さを瞑想によって育む。そのひとつひとつの瞬間が、いま、とても大事な時間になっています。愛と慈悲の瞑想をするときには、すべてへの許しと、すべてへの愛と、奇跡と感謝とで、胸がいっぱいになる。ただそれも、移り変わること、生まれては消えることの理解を忘れては、執着になる。

.

ただ、生きてること。ただ、息してること。それを感じる。それを見つめる。そして周りを囲ってくれてる自然、人、それがどれだけ愛の存在なのか、どれだけ幸せで奇跡的なことなのか、そのことで胸がいっぱいになる。

.

ヴィパッサナーを通して、自分がよく見える。と同時に、「自分」なんてないのだとわかる。生まれる苦しみのわけを、原因を、種を、理解する。自分の〈内〉が変わることで、目に見える〈外〉がこんなにも変わるのだと実感する。それは、人と人の間に流れるものも。1番近い直との関係も、この1ヶ月の間に目まぐるしく移り変わっている。その瞬間瞬間に。すべては「無常」。生まれては消える。人間の細胞も、感覚も、感情も、いのちも、すべて。その移ろいの儚さを、時に涙とともに受け入れる。

.

認識があり、知覚が働き、感覚が生まれる。そして最後4つ目の働きの「反応」。ここで、浄化の道か、種を植えるか。どんなカルマをつくっていくか。

.

この7月の1カ月は、奉仕者として、コースを運営する側で、瞑想とごはん作りの日々だったけれど、次の8/4からのコースは生徒として、11日間座ります。とことん自分の核と、向き合おう。

 

 

 

 

 

 

8/4から10日間座ったときのシェア、そのうちできたらいいな。と思っている。

 

 

 

 

こんなお花畑のような現実が、あるよーわたし。

f:id:mayu76:20180824094606j:image